横浜市にある整体なら横浜鍼灸整骨院へ:,整体,治療,坐骨神経痛,腰痛,神経痛,矯正

横浜市の整体,五十肩,矯正.自律神経失調,体の歪みなら

横浜市整体なら横浜鍼灸整骨院へ。横浜の駅近くにある整体院です。整体,自律神経失調、椎間板ヘルニア、姿勢矯正 サイトマップ

横浜市整体,肩こり,腰痛.矯正,姿勢、矯正,坐骨神経痛,整体,神経痛、体の歪みなら横浜鍼灸整骨院へ

横浜鍼灸整骨院

横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,坐骨神経痛,治療,整体,神経痛
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,神経痛
横浜市 整体
横浜市 整体
横浜市 整体
横浜市,顎関節症,整体,椎間板ヘルニア,肩こり,神経痛,治療,整体,肋間神経痛
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,肩こり,神経痛,治療,整体,
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,肩こり,神経痛,治療,整体

横浜鍼灸整骨院

〒220-0005
神奈川県横浜市西区
南幸2-18-8
西澤ビル8F

TEL : 045-316-8100


MAIL

MAP
横浜市 整体





肩から腕までのしびれ、痛み

肩から腕までのしびれ、痛みが走るという方は胸郭出口症候群か頸椎の椎間板ヘルニアの可能性が高いですね。
解剖学的なことを申しますと、頸から出た神経は鎖骨の下を通って、肩→上腕→前腕に行きますので、この神経が頸か鎖骨の下で圧迫を受けると神経痛が起こります。

圧迫されている神経が同じなので、症状が同じになります。
どの部分で圧迫されているのかは画像検査、動的検査などで判断し、治療していきます。

もちろん、MRIなどの検査も必要に応じて紹介しますので、安心してご来院ください。

2013年1月29日

坐骨神経痛の発生機序

最近、当院に来院される方々に坐骨神経痛の方が多いですね。
当院の近くにオフィスが多いせいか、来院される患者さんは長時間イスに座ることが多い方々なので、坐骨神経を圧迫している状態が長く、そのことが原因で発症するケースが多いようです。 坐骨神経痛はおしりの下部からでて、足の下のほうまで通っている神経で、おしりの下(仙骨)から出る人体の末梢神経の中でもかなり太い神経です。 そこが圧迫され、下肢のしびれ、痛み、蟻走感(アリが這っているような感じ)など、人によって様々な感じを引き起こします。 ひどい人になると、痛くて夜も眠れないと訴えます。 来院された時は、痛くて仕事を抜け出して来たという方が多いです。 圧迫にも梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫し、症状が出るケース(梨状筋症候群)と、その他の周りの筋肉が圧迫するケースがあるようです。 神経症状をおこすものとして、その他にヘルニア、腰部脊柱間狭窄症、すべり症、変形性脊椎症などがあります。が、怖いのは脊髄腫瘍です。乳癌、肺癌の転移は多いので既往歴のある方は注意が必要です

2013年1月26日

自律神経失調症の治療

当院では自律神経失調症の治療は一番に優先的に診るのは首と仙骨です。

この曲がりがあると「自律神経失調症」はもとより「めまい」、「頭痛」なども引き起こします。

首も当院オリジナルの見方がありますので、ご相談ください。

バキバキ(アジャスト)

当院では骨のバキバキ (アジャスト)をやるか、やらないかで言えば やります。

私は本当に骨がずれて起こしている症状だと判断すれば、必ず行います。

「うちはバキバキはやりません!」なんて言っている整体院は「やらない」じゃなくて、
「できない」のです。

この違いをわかって欲しいです。

腰痛ベルトによる固定

腰痛ベルトで腰周りを固定するとギックリ腰などでもなんとか動けるようになることがあります。
これはなぜかと言いますと、実際、腰痛の方は腹圧が弱まったりして起こった場合、ベルトで簡易的に腹圧を上げるようにします。
これは通常、人間は腰の筋肉をを使うときは自然と腹圧が上がります。

しかし、ギックリ腰を起こす方の数割に腹筋が緩んで起こる方もいます。
痛いときには腹筋の運動は当然できませんから、腹圧を上げるために腰痛ベルトをしてください。
少し楽になりますよ。
ただし、急性期を過ぎたら必ずベルトに頼らずに腹圧を上げるよう、骨盤を当院で整えた後、腹筋運動を始めて下さい。又、ギックリ腰になってしまいますよ〜。
楽になるからといって普段からベルトに頼らないでくださいね。
どんどん腹筋が落ちてきます。

ギックリ腰を一年に何度も繰り返している方は当院で治療を受けてください。
原因をきちんと説明しますよ。

慢性腰痛とマッサージ

当院でおこなっている整体ですが、慢性の腰痛は局所を触らないことが多いです。
実際には他の場所を触るわけですが、局所を揉んであまり良い結果が出なかったので私が考案しました。
この方法はかなり良いと思っています。

マッサージで揉んでもその部分はどんどん硬くなりますので、もっと強い刺激がほしくなるという悪循環を繰り返します。マッサージが良い時もあるのですが、また同じ痛みくり返していくので、治療としては??です。

理論なき治療は無し

当院では「理論なき治療は無し」と考えています。
例えば、「整体」と謳っているところでも、受けてみるといきなり「ベッドに寝てください」と言われ、ひたすら説明もなくマッサージというところが多いです。
整体という「体を整える」という意味からは全くかけ離れているのでは、当然、効果は期待できないでしょう。

腰痛の本当の原因

皆さんは腰が痛い時、どうされますか?腰痛の分類を書いておきます。

いつも腰が痛い、これは慢性腰痛でしょう。
いつもではないが、たまに痛くなる。これは注意信号です。
普段は全く無いが、年に何度か痛くなり、(いわゆるギックリ腰)動けなくなる。こ れは色々な要素があります。

ところで慢性腰痛ですが、マッサージとかでほぐしていませんか?
局所をいくら揉んだところで原因の改善にはなりません。
実は他のところに原因はあります。

ヘルニア?筋肉性?

先日来院の方がお尻が両方ともズキズキ痛いとのことで、そう聞くと私は椎間板がつぶれているとつい思ってしまいます。(結論から言いますと、違ってました。)
ただ、症状が軽いので、手技でいけると思い、やってみました。結果が変わらなかったので、やっぱり椎間板がつぶれていてそういう症状が出ているのかと思い、別の方法でやりました。とりあえず少し軽くなったところで、次回に…。

次回来院の際、全然症状が改善しないというので、よく精査したところ、張っている場所とそうでない場所の左右差が明確なので、筋肉をほぐして様子を見たところ、片足はすぐに楽になりました。結局、片方はヘルニア、片方は筋肉が神経を圧迫していての同じ症状が両方に同時に出ていたのでした。
こういうケースは初めてではないのですが、多くもありません。
一回目で何か改善できなければ止めてしまう患者さんもいますが、やはり数回通ってもらわないと難しいですね。

椎間板ヘルニアの施術後

当院で椎間板を中に入れて、しびれ、痛みがとれても、その後のその方の生活習慣が又、ヘルニアを飛び出していく動作をしていることが多いです。
やはり、同じ方向に身体を曲げることが多かったり、痛みがとれた途端、すぐに私が『ダメですよ』って言っている姿勢をしますね。
何回か通っていただける患者さんは、だんだんとその悪い姿勢が判ってくるようです。
横浜市で腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の治療なら横浜鍼灸整骨院

椎間板ヘルニア

先日、坐骨神経痛ということで続けて3人の来院がありました。
検査をしてみると3人が3人ともヘルニアによる坐骨神経痛の可能性が高く、そして、偶然にも3人とも右足に出ていましたので施術を行い、なんとかしびれを取りました。
こんな日もあるんだなあ。なんとか髄核を中に入れることができたようです。(MRI撮らないと判らないけど…)結果良ければ全て良しとするか…。

頭痛の原因

頭痛の原因といっても様々な原因がありますが、割れるように痛いなんて症状は くも膜下出血、脳腫瘍、脳卒中、髄膜炎、重度の緑内障発作、などの可能性もあり、緊急度は高いです。

当院で行う施術は 肩こりなどから来る筋緊張性頭痛、首のズレにより起こる頭痛などが対象です。
筋緊張性頭痛では、『ストレス → 筋収縮 → 頭痛 → ストレス』という悪循環が生じるので、まずは
肩こりを起こさないように姿勢を治していきます。

これはマッサージで肩をほぐしてもその時はいいのですが、また、肩が凝ったり、頭痛が起きたりしますので、その根本である姿勢にアプローチしていきます。

首のズレがあれば、もとの方向へズレを戻していきます。

是非、当院の整体をお試しください。

2013年1月19日

横浜市,椎間板ヘルニア,整体,肩こり,腰痛,整体,ギックリ腰