横浜市にある整体なら横浜鍼灸整骨院へ:,整体,治療,坐骨神経痛,腰痛,神経痛,矯正

横浜市の整体,五十肩,矯正.自律神経失調,体の歪みなら

横浜市整体なら横浜鍼灸整骨院へ。横浜の駅近くにある整体院です。整体,自律神経失調、椎間板ヘルニア、姿勢矯正 サイトマップ

横浜市整体,肩こり,腰痛.矯正,姿勢、矯正,坐骨神経痛,整体,神経痛、体の歪みなら横浜鍼灸整骨院へ

横浜鍼灸整骨院

横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,姿勢,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市 整体
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市,四十肩,五十肩,顎関節症,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,整体,神経痛
横浜市 整体
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,坐骨神経痛,治療,整体,神経痛
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,腰痛,治療,神経痛
横浜市 整体
横浜市 整体
横浜市 整体
横浜市,顎関節症,整体,椎間板ヘルニア,肩こり,神経痛,治療,整体,肋間神経痛
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,肩こり,神経痛,治療,整体,
横浜市,顎関節症,腰痛,椎間板ヘルニア,肩こり,神経痛,治療,整体

横浜鍼灸整骨院

〒220-0005
神奈川県横浜市西区
南幸2-18-8
西澤ビル8F

TEL : 045-316-8100


MAIL

MAP
横浜市 整体



横浜市の整体のカテゴリ別最新情報

スマホが原因

時々来られる患者さんが両足がピリッと痛いという症状で来院されました。
腰を丸めたり、起こしたりする動作で痛みが出ました。
腰や骨盤など調整しましたが、少しの改善しか見られません。
もう一度検査や問診をすると、スマホで電子版の新聞を電車で
読んでいて下を向いている時間が多いとののことでした。
上の歪みにより、脊髄内圧が上がることで、坐骨神経を圧迫していました。
スマホ神経痛は聞いたことがありませんが、これから増えていくかもしれませんね。

日時:2017年4月 4日 20:30
続きを読む"スマホが原因"
東日本大震災から5年が経ちました。

犠牲になった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

急に寒くなって、風邪やインフルエンザでキャンセルする方も
でています。皆さんも気を付けてくださいね。

昔膵炎を患った患者さんが来ました。
どうしようもない痛みだったそうです。
膵炎になると、膵臓を休ませるために絶食絶飲になり、
点滴をするため、多くは入院になります。
油ものの摂りすぎや胆石が原因と言われています。
その患者さんは今でも揚げ物などは一切食べず、
野菜と魚中心の生活だそうです。
コーヒーにクリープも入れないとの事です。
健康的ですが、だいぶ制限がかかりますね。
芸人で番組で食べてばかりで、膵炎になった
人もいましたし、外食中心の方は、ときどき食生活を見直すといいですね。

坐骨神経痛の発生機序

最近、当院に来院される方々に坐骨神経痛の方が多いですね。
当院の近くにオフィスが多いせいか、来院される患者さんは長時間イスに座ることが多い方々なので、坐骨神経を圧迫している状態が長く、そのことが原因で発症するケースが多いようです。 坐骨神経痛はおしりの下部からでて、足の下のほうまで通っている神経で、おしりの下(仙骨)から出る人体の末梢神経の中でもかなり太い神経です。 そこが圧迫され、下肢のしびれ、痛み、蟻走感(アリが這っているような感じ)など、人によって様々な感じを引き起こします。 ひどい人になると、痛くて夜も眠れないと訴えます。 来院された時は、痛くて仕事を抜け出して来たという方が多いです。 圧迫にも梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫し、症状が出るケース(梨状筋症候群)と、その他の周りの筋肉が圧迫するケースがあるようです。 神経症状をおこすものとして、その他にヘルニア、腰部脊柱間狭窄症、すべり症、変形性脊椎症などがあります。が、怖いのは脊髄腫瘍です。乳癌、肺癌の転移は多いので既往歴のある方は注意が必要です

椎間板ヘルニアの施術後

当院で椎間板を中に入れて、しびれ、痛みがとれても、その後のその方の生活習慣が又、ヘルニアを飛び出していく動作をしていることが多いです。
やはり、同じ方向に身体を曲げることが多かったり、痛みがとれた途端、すぐに私が『ダメですよ』って言っている姿勢をしますね。
何回か通っていただける患者さんは、だんだんとその悪い姿勢が判ってくるようです。
横浜市で腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の治療なら横浜鍼灸整骨院

椎間板ヘルニア

先日、坐骨神経痛ということで続けて3人の来院がありました。
検査をしてみると3人が3人ともヘルニアによる坐骨神経痛の可能性が高く、そして、偶然にも3人とも右足に出ていましたので施術を行い、なんとかしびれを取りました。
こんな日もあるんだなあ。なんとか髄核を中に入れることができたようです。(MRI撮らないと判らないけど…)結果良ければ全て良しとするか…。

日時:2013年1月26日 13:43
続きを読む"椎間板ヘルニア"
坐骨神経痛、椎間板ヘルニア専用ベッド

furekushon.JPG

これが、当院自慢の椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の治療に使う専用のベッドです。

椎間板の出た場所を狙って治療できるので重宝しています。

坐骨神経痛の男性

サッカーを趣味とする30代後半の男性が、左の坐骨神経痛で来院。

特に椅子から立つ、椅子に座るなどの動作開始時にお尻からひざ裏にかけての痛みが顕著であり、
サッカーもできないとの事。

右肩が下がり、背骨が左に大きく凸になっていて、骨盤は右に傾いていることから、
極端に右に体重をかける姿勢により、左下半身が引っ張られる力が働くことと、
骨盤と腰の骨のバランスが悪く、軸が安定しないのが原因である。

治療開始後

数回の骨格矯正で痛みが軽減し、痛みからツッパリ感に変わってきた。

その後、骨盤の傾きがまっすぐに安定するにつれ、痛みは消失し、試しにサッカーをやっても
痛みは出なくなった。

現在はサッカー後や疲れがたまった時に、たまに左のお尻に張り感を覚えることがあるが、
その都度、当院でメンテナンスを行い、治療継続中です。

藤井

日時:2010年6月 5日 13:53
続きを読む"坐骨神経痛の男性"
整形外科で椎間板ヘルニアと言われた方

先日、整形外科で「ヘルニアっぽいね」と言われ当院に30代の方が来院されました。
症状は数か月前から左下肢のしびれがあり、だんだんとズキズキとした痛みに変わってきたとのこと。

しばらく整形外科でけん引の治療を受けたが、改善せず、ひどくなってきたので当院に来院。

初検では足を引きずるようにして来院。かなり痛そうな感じ。
仕事中は坐っていられないらしく、かなりつらいとのこと。

SLR、ケンプなどの整形学的検査は(−)

SOTOテスト(+)→ 明らかに(+)なので、椎間板ヘルニアの影響は少ないと考え、
お尻の筋肉をゆるめる為にと筋肉の緩和の施術を行った。

一回目の治療で50%以下の痛みに軽減

三回目でズキズキした痛みはほぼ消失。

合計6回の施術で完全に痛み、しびれは消失。

林内のコメント

この方は梨状筋による神経圧迫で症状が出ていたと思います。
椎間板ヘルニアの施術は行っておらず、症状改善できました。

横浜市,椎間板ヘルニア,整体,肩こり,腰痛,整体,ギックリ腰